【無期限延期】「青の造形 中央構造線上の漁村空間」開催のお知らせ

「青の造形 中央構造線上の漁村空間」は、現在発生している新型コロナウィルス感染拡大防止の為、すべての企画を無期限延期といたします。主催者が関西の大学関係者であることから、ご来場の皆さま及び関係者の健康と安全面を考慮した結果です。再開の目処が立ち次第お知らせします。

———
海女研究センターがおかれている鳥羽市立海の博物館にて、漁村空間を建築学的に読み解く企画展が開催されます。

中央構造線上に分布する漁村は、そこで多く露出する青石(緑色片岩)を様々に使いながら、漁村空間を形成しています。
本企画展では青石がつくりだす漁村の街並みや路地、石垣、民家などを図面・写真・スケッチ・地形模型などで展示しながら各地の魅力を伝えます。

同時に、今後の漁村のまちづくりを様々な切り口から議論する講演会や座談会も開催します。

【イベント情報】
主催・企画:下田元毅 宮崎篤徳
共催:鳥羽市立海の博物館 三重大学海女研究センター
協力:鳥羽市教育委員会

「青の造形 中央構造線上の漁村空間」

会 期:2020年4月11日(土)〜7月5日(日) ※6月26日(金)〜30日(火)は休館

会 場:鳥羽市立海の博物館ギャラリー

講演会・座談会:
講演会 4月11日(土)講演会「建築家の翻訳力―建築と漁村空間―」(貝島桃代氏講演)
    4月19日(日)講演会「漁村空間の慣性力―鳥羽の離島―」

学術講演会・座談会等
    5月9日(土)学術講演会「漁村の展開力1(学術編)」
    5月17日(日)まち歩き座談会「漁村の展開力2(まちづくり編)」※鳥羽市菅島町で開催
    4月18日(土)学術座談会「漁村の展開力3(若手編)」

登壇者、スケジュールなどの詳細は以下のPDFをご覧ください。

「青の造形」全体スケジュール
「青の造形」講演会・座談会_登壇者・スケジュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です