【お知らせ】2021年度「海女研究集会」を開催します

海女研究センターでは、その設立以前の2008年度から「海女研究会」を開き、海女文化や漁村文化について理解を深めるとともに、分野を超えた交流を図ってきました。

それを発展させた事業として、以下の通り「海女研究集会」を開催します。
どなた様もお気軽にご参加ください。

【イベント情報】
三重大学伊勢志摩サテライト海女研究センター事業
2021年度 海女研究集会

鳥羽志摩の漁村が誇る、豊かな海藻。海女漁にとっても重要な資源です。そんな海藻に、いかに学術的・国際的に接近できるかを探っていきます。

日時 2021年12月18日(土)13:00~16:00

会場 海の博物館映像ホール

報告

1 藤田明良(天理大学)「東アジアの海藻利用の伝統と未来」
2 石川良太(立命館大学)「近代朝鮮における海藻の生産と流通」
3 吉村真衣(三重大学)「海の博物館の海藻関係資料について」
4 塚本明(三重大学)「海藻文化の総合研究に向けて」

事前予約不要

新型コロナウイルス感染等の状況次第で予定を変更することがあります。ご了承ください。

【お問い合わせ】
鳥羽市立海の博物館 0599-32-6006
三重大学人文学部総務担当 059-231-6991

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です